バッテリーまるわかり博士

"ジャッキには様々な種類があり、貴方が現在乗っている車にあったものでないとそれを利用することは出来ません。
勘違いされている方がいらっしゃいますが、2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ないというのは嘘です。

 

クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになりますので、必ず2t用のジャッキが必要となるのです。

 

*耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
*最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
*最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
*リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)

 

なので貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量で必要な機能を持ったジャッキを選んでください。

 

車には必ずジャッキが搭載されているハズです。
そのジャッキについて今一度よく考えてみてくさいね。"

神戸 賃貸の情報
http://www.houseplanning.net/
神戸 賃貸おすすめ



ジャッキの使い方と間違ってはいけない知識ブログ:2019年11月16日

ダイエットには、
菓子パンのほうがいいと感じている人が多いようですね。

実際、ご飯は、お腹にガッツリときます。
少量でも重さがあるので、ダイエットをしている人の中には、
控えようとする人が多いようです。

たしか菓子パンは
かわいくて、食べやすく、味も濃くて、軽いし、すぐに空腹を満たせます。

しかし、ちょっと待ってください。
食べればすぐに満腹感を得られますが、
またスグにお腹が減りやすいと思いませんか。

小麦粉からできているため消化が早く、すぐに満腹感を得られます。
しかし吸収が早いぶん、血糖値は急上昇のあと急降下で元に戻り、
腹持ちが悪く、すぐにまたお腹がすいてしまうのです。

少量のパンで一時的に空腹を満たせても、
すぐにお腹が減ってしまい、またパンを口にする…
結果として、ご飯以上に高カロリーをとることになりがちなんです。

そして忘れてならないのは、
意外と油分を多く使っているということです。

何もつけずに、菓子パンだけを食べる人は少ないでしょう。
味付けのためバター、チョコレート、クリームなどの
油分を使うことになる場合がほとんどのはずです。
そのため、菓子パンは少量でも意外と高カロリーになるのです。

しかし、ご飯は違います。
菓子パンよりも消化が悪いため、満腹感が長く持続します。
ですから、菓子パンよりもご飯のほうが腹持ちがいいのです。

ゆるやかに消化され、血糖値もゆるやかに上昇し、
身体への負担も小さいのです。

「菓子パンにするか、ご飯にするか」
ダイエットが成功するかどうかは、ここで決まるのです。